会社設立 超・スピードプラン

 会社設立を急いで行いたい方のために、3日以内に会社設立を行います!
 
会社設立をご自身でなさる場合には、会社法を解説している知識本などを読んで定款や
 書面を作成していかなくては
いけませんので、これを勉強する時間が短くても8~10時間
 掛かってしまう訳です。会社法の知識を詰め込むよりも、とにかく会社設立を早くしたい!という
 方には、非常にお勧めのプランとなっております。
 こちらをご覧下さい。このプランは、自分で設立するよりも18000円だけコストが掛かります。

speed0722.PNG 

 こちらのプランでは、なんといっても3営業日以内に、会社設立ができるところがポイントとなります。

 自分で設立する場合と比較しても、追加で掛かる費用(報酬)は、なんと 18,000円のみです!

このプランの場合は、設立のみのお手伝いとなりますが、お得な創業サポートプランに設立時に
 一緒にお申込いただきますと、もっとお安くなります。 →詳細はこちらから
 
 

何故こんなに安いのか? ・・・よく聞かれます(笑)

やっぱり、とにかく安いと、「なんでそんなに安いのか?」と、その理由が気になるものです。
その理由はシンプルです。現在は、官公庁への申請は電子申請がどんどん進んでいますが、
会社設立における定款認証もそのひとつなのです。
これは、公証役場に紙で申請する場合、印紙代として4万円も掛かってしまうのですが、電子申請が
できると、この印紙代が掛かりませんので、一気に4万円も安くなってしまうのです。
では、誰もが電子定款にして申請するのでは?と思うでしょう。
しかし、残念ながら、この電子定款の設定をするために、①電子申請のソフトを4万円で購入して、
②認証局に登録して、そして③これらの設定に2週間くらい掛かって
・・・ という訳で、会社を
設立する人にとってみたら、印紙代で4万円かかる以上に手間も費用も掛かってしまうのです。
・・・ということが、電子定款認証に対応しているプロに頼むと安い、という話になるのです。
現状では、法務局に申請される会社のうち、9割ちかくが電子定款ということですから、自分で
勉強して自分で設立をする人は、1割もいないというのが、現状のようです。

詳しくはこちらからご確認ください

 

当事務所の強み 設立後のサポート

当事務所の強みは、行政書士・社労士の2種の専門家が集まったことによって、
会社の運営に関する総合的なサポートが可能である点です!
社労士として助成金などの後から返ってくるお金の取得方法もアドバイスが可能です。
自信をもって、お手伝いができるのはこうしたバックボーンに裏付けられております。

まずは、お気軽にお問合せをください。 →お問合せや相談は、こちらからご覧下さい

 

創業サポートプラン

当事務所では、創業したての事業主さまに向けて、4つのプランをご用意しております。
まずは、お気軽にお問合せください。

詳しくはこちらからご確認ください。

  

会社設立スピードプランのサービス内容

1)電子定款の作成(事業目的のチェックやご相談)
2)電子定款の認証作業の代行(公証役場とのやり取りもお任せください)
3)法務局へ提出する書類の作成(提携事務所と共同で進めます)
※申請書だけはお客様にお書きいただきます。A4版1枚の簡単な書類です。記入見本がついていますのでだれでも簡単に記入できます。

 

会社設立スピードプランの費用について

●当事務所の手数料 61,000円
 電子定款やその他で減額となりますので、実質的には18,000円の負担となります。
※この金額以外に、 送料のご負担お願いいたします。
 

支払い先の内訳

●定款認証手数料・謄本取得費用:52,000円    ⇒  公証人役場
●登録免許税:150,000円                ⇒  法務局 (税金)
●登記事項証明書取得費用:2,100円         ⇒  法務局 (会社設立後)※
●報酬: 61,000円         ⇒  当事務所
※3通分(1通は銀行へ提出、1通は税務署へ提出、1通はお客様控えです)

 

会社設立スピードプランの条件

会社設立スピードプランには下記の条件があります。

1.午前中にご来社が可能な方(午後以降ご来社の場合は翌日受付)
2.設立に当たり、各種許可の必要性が調査済みの方
3.会社設立当日、終日対応可能な方
4.印鑑証明書・払込証明書(出資者代表の通帳)・会社代表印を当日ご用意できる方
※会社代表印が当日ご用意できない場合でも対応可能です。

 

お客様にご用意いただくもの

お客様にご用意いただくものは次の通りです。

本金
資本金を出す人(発起人といいます)の印鑑証明書
取締役に就任する人の印鑑証明書
会社の印鑑(会社の代表印は、法務局に登録します)
お申し込み者本人を確認できる証明書(運転免許証・健康保険証)のコピー
犯罪収益移転防止法により本人確認を義務付けられています。ご協力をお願いします。
※資本金を出すのが法人の場合、法務局に登録されている会社の代表印の印鑑証明書と、登記簿謄本が必要です。

 

免責事項

以下の項目に当てはまる場合については、会社設立が遅延する場合がございます。

1.お客様のご対応時間、書類の準備に不備等がある場合。
2.定款認証の際の公証人の予約が埋まってしまっている場合。
3.その他交通障害等の予測不能な不可抗力が発生した場合。

こうした場合については、ご理解のほどお願い申し上げます。
 

さて、一通りご理解いただけましたでしょうか?
→十分に理解できたので、「 会社設立の相談 」をしたいという方はこちら「無料相談」へ
→ほかの会社設立プランも見てみたいという方は、トップへ戻るへ

 

 

初回のご相談は、こちらからご予約ください

コピー ~ matusima-egao0008.png 無料相談実施0001.png 
電話番号.png 

トップへ戻る      ●事務所紹介      ●アクセス