ここでは会社設立の基本事項についてご説明させていただきます。

 会社設立を行うために次のような項目を決める必要があります。

 
 どの項目も「定款」に記載する事項です(資本金は除く)から、正しく決めなくてはいけません。
 定款は、公証役場で認証してもらって、初めて効果がありますが、そもそもの記載事項に誤りが
 ある場合、公証人の先生も認証してくれません。会社法をもとに、判断されることになりますが、
 問題ある内容がある場合は、認められません

 また、記載事項に誤りがある場合、後々のビジネスにおいて、不利益を被ってしまいかねません。
 つまり、基本事項は素人感覚で適当に決められるものではありません。しっかりと会社法と照らし
 合わせて確認していく必要があります。

 まずは、一度プロにご相談いただくことをお勧め致します。
 

初回のご相談は、こちらからご予約ください

コピー ~ matusima-egao0008.png 無料相談実施0001.png 
電話番号.png 

トップへ戻る      ●事務所紹介      ●アクセス