ここでは、一般貨物自動車運送業についてご説明いたします。

一般貨物自動車運送事業の要件について

1.営業所
 ①使用権原を有することの裏付けがあることが求められます。
  ・登記簿謄本や賃貸借契約書、使用承諾書で確認します。
 ②農地法、都市計画法、建築基準法等関係法令に抵触しないこと。
 ③規模が適切であること。
  ・ワンルームマンションや社長の自宅の一室でも可能です。
2.車両台数
 ①営業所ごとに5台以上。
  霊柩運送、一般廃棄物運送の場合は、1台以上。  
3.事業用自動車
 ①事業用自動車の大きさ、構造等が運送貨物に適切であること
 ②使用権原を有することの裏付けがあること。
4.車庫
 ①原則として営業所に併設するものであること。
  併設できない場合、営業所と車庫の距離(直線距離)の規制があります。
 ②車両と車庫の境界及び車両相互間の間隔が50センチ以上確保され、すべて収容。
 ③他の用途に使用される部分と明確に区画されていること。
 ④使用権原を有することの裏付けがあること。
 ⑤農地法、都市計画法などに抵触しないこと。
 ⑥前面道路が幅員証明書により、車両制限令に適合すること。
5.休憩・睡眠施設
 ①乗務員が有効に利用できる適切な施設であること。
 ②睡眠を与える必要がある乗務員1人当たり2.5平方メートルの広さを有すること。
 ③原則として、営業所または車庫に併設するものであること。
  併設できない場合、車庫と休憩施設の距離(直線距離)の規制に従う。
 ④使用権原を有することの裏付けがあること。
 ⑤農地法、都市計画法、建築基準法等関係法令に抵触しないこと。
6.運行管理体制
7.資金計画
8.法令遵守
9.損害賠償能力
10.その他

 1)霊柩車については、「霊きゅう運送に限る。」という条件が付きます。
 2)許可後1年以内に事業を開始しなければいけません。
 

初回のご相談は、こちらからご予約ください

無料相談実施0001.png コピー ~ matusima-egao0008.png
電話番号.png