自動車運送業の種類 

 まず、最初に自動車運送業の種類からご説明します。

  • 貨物自動車運送事業
    1: 一般貨物自動車運送事業(特別積合せ無し)
    2: 一般貨物自動車運送事業(特別積合せ有り)
    3: 特定貨物自動車運送事業(特定荷主)
    4: 貨物軽自動車運送事業
  • 貨物運送取扱事業
    1: 第1種貨物利用運送事業(貨物自動車利用)
    2: 第2種貨物利用運送事業(集配一貫利用)
  • バス事業
    1: 
    一般乗合旅客自動車運送事業
    2: 一般貸切旅客自動車運送事業
    3: 特定旅客自動車運送事業
  • タクシー事業
    1: 一般乗用旅客自動車運送事業(法人)
    2: 一般乗用旅客自動車運送事業(個人)
    3: 一般乗用旅客自動車運送事業(患者輸送限定)

 

ここでは、一般貨物自動車運送業についてご説明いたします。

 

一般貨物自動車運送事業とは

貨物自動車運送事業法では、貨物自動車運送事業を、一般貨物自動車運送事業特定貨物自動車運送事業および貨物軽自動車運送事業の3つに分けています。

一般貨物自動車運送事業とは、他人の需要に応じて有償で、自動車(3輪以上の軽自動車および2輪の自動車を除く。)を使用して貨物を運送する事業であって、特定貨物運送事業以外のものを言い、特定貨物自動車運送事業とは、特定の者の需要に応じて有償で、自動車を使用して貨物を運送する事業を言います。

すなはち、継続的な事業として荷主さんからお金をもらって、貨物自動車を使用して運送する場合に、特定の荷主さん荷物を運ぶのであれば、特定貨物自動車運送事業不特定多数の荷主さんの荷物を運ぶのであれば、一般貨物自動車運送事業となります。

また、特定貨物自動車運送事業の許可は、特定単数の運送需要者との契約に基づき許可される(特定の荷主ごとに付与される)ため、既にこの許可を取得した事業者が特定の運送需要者を新たに追加する場合には、特定貨物自動車運送事業の廃止および一般貨物自動車運送事業の許可申請の手続きを行う必要があります。

色々な荷主さんからの荷物を運ぶのであれば、最初から一般貨物自動車運送事業の許可を取得されることをお勧めします。

なお、貨物軽自動車運送事業とは、他人の需要に応じて有償で、自動車(3輪以上の軽自動車およびおよび2輪の自動車に限る)を使用して貨物を運送する事業のことを言います。nishi0719c.jpg

 

 

 

初回のご相談は、こちらからご予約ください

無料相談実施0001.png
電話番号.png