特殊車両とは

 特殊車両とは、車両の構造が特殊である車両、あるいは輸送する貨物が特殊な車両で、
 「車両制限令」で定められている一般的制限値(幅・高さ・長さ・重量等)のいずれかを超える
 車両をいいます。下記をご参考ください。

  

車両に関する制限値

  • 車両幅: 2.5m
  • 車両長: 12.0m
  • 車両高: 3.8m
  • 総重量: 20.0t
  • 軸重:  10.0t
  • 隣接軸重: ①隣り合う車軸の軸距が1.8m未満。18.0t(ただし、隣り合う車軸の軸距が
            1.3m以上、かつ隣り合う車軸の軸重がいずれも9.5t以下のときは19.0t)
            ②隣り合う車軸の軸距が1.8m以上 20.0t
  • 輪荷重: 5.0t
  • 最小回転半径: 12.0m

 

特殊車両の構造

 車両の構造が、特殊なため一般的制限値のいずれかが超える車両で、トラッククレーン等
 自走式建設機械、トレーラ連結車の特例5車種(バン型、タンク型、幌枠型、コンテナ用、
 自動車の運搬用)のほか、あおり型、スタンション型、船底型の追加3車種をいいます。
 

特殊な車両の種類

 車両の形態を示したものであり必要な軸数、軸距等は運搬する重量によって異なります。

 

特殊車両の通行許可申請

 特殊車両通行許可の年間申請件数は、年々増加しています。また、当然ながら、許可を
 取らずに、特殊車両を走らせていると罰則を受けてしまうことになります。

 当事務所では、特殊車両通行許可がなるべく早く取得できるように申請窓口を検討します。
 また、通行経路も事前に算定をして上で特殊車両通行許可の申請をします。
 特殊車両通行許可の期間が最長で2年になりました。

 特殊車両通行許可は、許可になるまでは通行できません。余裕をもって特殊車両の通行
 許可申請をされることをお勧め致します。

 なお、当事務所ではオンライン申請が可能です。お気軽にお問合せ下さい。

  

 初回のご相談は、こちらからご予約ください

コピー ~ matusima-egao0008.png 無料相談実施0001.png
無料相談実施0001.png