経営事項審査の審査項目


 経営事項審査の審査項目は、大きく下記の4項目で審査され、それぞれに客観的な点数が
 つけられます。それらを基に総合評点(P)が算定されます。

 1.経営規模の認定(X)
 2.経営状況の分析(Y)
 3.技術力の評価(Z)
 4.社会性等の確認(W)

 詳細は、下記の一覧にてご確認ください。

<審査項目一覧>

区 分 審査項目
経営規模 X1 完成工事高
X2 自己資本額
建設業に従事する職員の数
経営状況 Y 収益性
・売上高営業利益率
・総資本経常利益率
・キャッシュフロー対売上高比率
流動性
・必要運転資金月商倍率
・立替工事高比率
・受取勘定月商倍率
安定性
・自己資本比率
・有利子負債月商倍率
・純支払利息比率
健全性
・自己資本対固定資産比率
・長期固定適合比率
・付加価値対固定資産比率
技術力 Z ・技術職員数(1級技術者、2級技術者、実務経験者等)
社会性等 W 労働福祉の状況 ・雇用保険の加入の有無
・健康保険及び厚生年金保険の加入の有無
・賃金不払の件数
・建設業退職金制度の導入の有無
・退職一時金制度の導入の有無
・企業年金制度の導入の有無
・法定外労働災害補償制度の導入の有無
・業務災害による死傷者数
・営業年数
・1級・2級建設業経理事務士等の数
・公認会計士、会計士補、税理士等の数



初回のご相談は、こちらからご予約ください

コピー ~ matusima-egao0008.png 無料相談実施0001.png 
電話番号.png 

トップへ戻る      ●事務所紹介      ●アクセス